脱毛の施術ではお肌に負担をかけます。

 

いくら「お肌に優しい最新の機器を使っています」とか、「冷却と保護のために特別なクリームを塗ってから光照射します」といっても、「熱を与えて、毛母細胞などを焼く」という仕組みになっているのですから、仕方のないことです。

 

しっかりとしたエステサロンや脱毛サロンならば、光照射後もちゃんと時間を取って、様々なケアをしてくれます。

 

まずは、冷却です。お肌のほてりが鎮まるまで待ったり、冷やしたおしぼりなどを当てたりします。

 

その後は、化粧水などを使って、お肌へ水分補給します。

 

お店を出るのは、これらが終わってからです。

 

ただし、さっとおしぼりなどで冷やすだけで、すぐに帰されるところもあります。特に低価格が売りもののお店に多いようです。

 

また、美白や痩身など美容全般をやっているエステサロンと、脱毛の専門店である脱毛サロンとならば、エステサロンのほうがこういったアフターケアは丁寧な傾向があります。

 

できれば、アフターケアがしっかりしてないお店は避けたほうがいいです。とはいえ、やはり低価格は魅力です。また、ほかにも選んだ理由があるかもしれません。

 

こういった場合は、家に帰ってすぐに、自分自身で保湿のためのケアをするようにしましょう。

 

もちろん、日ごろのお肌ケアももうワンランク、丁寧にやる必要があります。

 

化粧水やクリームは質の高いものを選ばなければいけません。できればホホバオイル、オリーブオイルといった天然成分でできている製品を使いましょう。

 

施術当日はおふろはNGです。

 

お店によっては冷却用のクリームを塗ったり、お肌も慣れない経験をした後なので、すぐにでも洗い流したいかもしれません。

 

ですが、お湯の熱が、お肌が鎮まるのをじゃまします。せいぜいが温めのシャワーぐらいまでです。

 

万が一、お肌にトラブルが出るようならば、すぐにお店に連絡しましょう。

 

「そのうち治まる」「このぐらいは大したことはない」など、自分で判断してはいけません。

 

跡を残してしまう可能性があります。そうなってはせっかくムダ毛がなくなっても、人に見せられるようなお肌にはなりません。