MENU

人気が高まっている光脱毛はどんな脱毛方法なのか?

脱毛の効果の高さという点では医療用レーザー脱毛がもっとも優れていると言われていますが、それを押さえて人気が高まっているのが光脱毛です。
光脱毛は、今やほとんどの脱毛サロンやエステサロンの主流となっている脱毛方法と言えるでしょう。
光脱毛というのは、メラニン色素だけに反応する特殊な波長を持つ光を、毛根に対して照射することで、ムダ毛の発毛機能を低下させるという脱毛法です。
施術方法は、光を肌に照射するというだけのとてもシンプルなやり方ですが、これで脱毛ができるのは毛根組織にダメージを与えることができるからです。

 

ムダ毛の生える仕組みは毛根組織にあります。
毛根組織には、毛乳頭と毛母細胞、メラノサイト(色素細胞)が存在し、これらを毛包が包み込んでいます。
毛乳頭は毛細血管から栄養を取り込む働きをしていて、これを毛母細胞に送ります。
すると毛母細胞は分裂をしてムダ毛となる毛幹が成長していき、そこにメラノサイトで作られたメラニン色素が取りこまれます。
これがムダ毛の生えるメカニズムです。

 

光脱毛の光は、メラニン色素に反応してムダ毛に吸収されていきます。
ムダ毛に吸収された光は熱エネルギーに変換されるので、毛根組織部分も熱のダメージを受けます。
そして、熱によるダメージとタンパク質が変性することで、毛根組織の内部にあるムダ毛の生成機能が低下もしくは破壊されていきます。
破壊の度合いはムダ毛1本1本異なりますが、照射した部分の毛根は一律で熱によるダメージを受けるので、正常は発毛機能は維持できません。
ですので、光脱毛を繰り返し行うと、毛量が減少したり細くなったり、生えてこなくなったりというような脱毛効果が得られるのですね。

 

施術では、光を照射するだけなので、これで脱毛ができるのかと思うかもしれません。
ですが照射された内部にはこのような変化が起こっているのです。
この光は黒いものにしか反応しませんから、肌に吸収されて熱を発生させることはありません。
つまり、きちんと毛根だけに作用して肌にはダメージを与えず脱毛できるからこそ、人気が高まっているのです。